TOP / 新着情報一覧 / 相続のルールと手続きの流れについて 16

相続のルールと手続きの流れについて 16

2019.07.03


遺産相続をする際にトラブルが起こりがちなので、事前に準備をしておく必要があります。

また、相続の対象財産や、相続の手続きの流れを知っておかないとスムーズに相続することができません。

今回も前回に引き続き、相続のルールと手続きの流れがわかる、遺産相続の基礎知識についてご紹介致します。

 

◯相続税を払えない場合の対処方法について

相続税を支払えない場合の対処方法を確認しておきましょう。

相続税を支払えない場合、まずは延納をする方法があります。これは、相続税の分割払いです。ただ、延納する場合には利子税が加算されますので、税金支払額は本来より高額になってしまいます。

延納でも支払いが出来ない場合は、物納の方法があります。これは、不動産などの物で相続税を支払う方法です。しかし、この場合、不動産は相続税評価額で評価されるので、市場価格より安くなってしまいます。相続税評価額は市場価格の8割程度にしかならないためです。

 

◯遺産相続で疑問や悩みがあるなら、行政書士に相談しよう!

以上のように、遺産相続の場面では、いろいろな問題に対処しなければなりません。まずは、どのような遺産があって、誰が相続するのか、どのような割合で相続するのかを順番に決めていく必要がありますが、相続人間で意見が合わず、トラブルになることも非常に多くあります。

遺産分割トラブルが起こってしまったら、被相続人の死亡後2年3年が経っても問題が解決されないこともありますし、もともと仲の良かった親族同士が心底憎み合うことにもなってしまいます。遺言を残すときにもきちんと内容や方法に配慮しておかないと、かえってトラブルの種になってしまうことがありますので、注意が必要となります。

遺産相続をスムーズにすすめるためには事前の準備が大切となります。

これから遺言を作りたい人や今遺産問題で悩んでいる人、これから遺産分割協議をするけれどどうしたら良いかわからないなど不安がある人は、まずは一度、遺産相続問題に積極的に取り組んでいる行政書士に相談してみるようにしましょう。