TOP / 新着情報一覧 / 家族信託という考え方

家族信託という考え方

2018.11.02


家族信託とは、例えば自分の老後の生活に必要な資金の管理・運用を信頼できる家族に託そうというものです。
家族や親族に資産の管理・運用を任せるので、高額な報酬は発生しませんし、誰にでも利用できるしくみです。
このしくみに「遺言(書)」や「成年後見制度」を併せることで、自分の資産の管理・運用だけでなく相続まで、今までよりもより自分の意に沿ったものにできます。


図のように、家族信託で最低必要な人物は「委託者」「受託者」「受益者」です。
「委託者」が「受託者」に自分の資産を預けて(全財産である必要はない)、「受託者」は「受益者」の為にその資産を管理・運用を行います。
「委託者」「受益者」を父、「受託者」を息子、というような設定にすれば、息子が父の為に父の資産を管理するということになります。

もし単純に「成年後見制度」を利用すると、積極的な資産運用ができなくなりますし、毎年家庭裁判所への報告義務も負担になります。
この制度を利用すれば、息子は父の資産を積極的に運用できますし、家庭裁判所への毎年の報告もなくなります。

当行政書士事務所では、相談者のお話を伺い、「家族信託」「家族信託+遺言書」「家族信託+成年後見制度利用」等のご提案も始めましたので、興味のある方はご一報ください。